2016年5月26日木曜日

株や投資信託は時代遅れ?これからの年金運用はビットコインで!!




なんと!!ビットコインを運用対象とする年金が!!

といっても、日本ではなくアメリカのお話です。

Bitcoin IRA

Bitcoin IRAは投資対象をビットコインに絞ったIRA(個人退職金口座)を提供する会社です。

通常IRAで運用するものというと金、株、投資信託などですが、そういったものは一切対象としておらず、ビットコイン専門となります。
最高戦略責任者はアメリカ合衆国造幣局の元事務局長、Ed Moyが務めています。

ビットコインの売買や保管はBitcoin IRAが提供する専用ウォレットで行い、セキュリティについてはBitGoが担っています。

元造幣局のえらいさんが広告塔としていると、微妙な安心感を得られそうではありますが、法定通貨を発行する組織の人が、仮想通貨を進める側に立つとはなんとも面白いものではあります。


IRAって何?

IRAは「Individual Retirement Account」の略で、直訳すると個人退職金口座となりますが、アメリカの年金制度の一つです。
この口座には毎年一定の上限額前拠出することができ、運用益の課税に対して優遇措置があります。
ただし、59才半になる前に引き出すと罰金が科せられることになります。

ちなみに、日本の年金基金と違って、預けておくと勝手に運用してくれるようなものではなく、自前で運用する必要があります。

59歳半まで引出ができないNISA口座みたいな感じですかね。


ビットコインは通貨から資産へ

ビットコインが積み立てや年金運用の対象として利用されるようになってきたという事は、投機から投資の対象へとシフトしてきている為ではないかと思います。

「金」も、コインや小判などのように通貨として利用されていましたが、現在では資産として扱われています。
ビットコインを取り巻くのエコシステムや仮想通貨の動向を考えると、金と同様に資産へとシフトしていくのは必然かもしれません。

資産として徐々に認知が広がるのはよいことですが、それに伴い、ビットコインが本来目指すところの通貨という特性から離れていく可能性が高いのは何とも皮肉なものですが……

いずれにせよ、ビットコインの将来は明るい!!……かな?


0 件のコメント:

コメントを投稿