2016年5月8日日曜日

Bitbond運用状況 - 2016年5月


BitbondはBTCjamやLoanbaseと比べると長期の貸出が多いです。
資金の回転は悪くなるわけですが、考えようによっては無理なローンが少ないとも言えます。
まぁ、それでも踏み倒す人はそれなりにいるわけですが……

運用状況



さて、運用状況ですが、USDでの貸し出しはなとかなりそうですが、BTCの貸し出しの方が悲惨な事に。
貸出件数の差もありますが、BTCjamやLoanbaseでもBTCでの借り手の方が踏み倒し率は高かったです。
BTCで返却となると、借りた時より相場が上昇していると利子にプラスして価格上昇分も負担になるためでしょうか。

もうしばらく放置で様子見をしようと思います。
とりあえず夏ぐらいまで放置でしょうか。

現状では借り手が少ないため、資金を追加投入しても1件あたりの投資額が増えるだけで、投資先の件数が増えないのが難点というか、面白味がないというか。
なんとも難しいものです。

借り手という意味では、BTCjamもLoanbaseも減少しているような気もしますが気のせいでしょうか……
もう少し、盛り上がってくれると投資のしがいもあるのですが、なんとも難しいものですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿